ルーター

おすすめのレンタルモバイルルーター10選|選び方や注意点も解説

・レンタルモバイルルーターを検討しているけどたくさんあってどの会社がいいのだろう?
・レンタルモバイルルーターって費用ってどれくらいかかるの?
・レンタルモバイルルーターのメリットってどんなものがあるの?
レンタルモバイルルーターについて検討している方がこの記事を読んでくださっている方の中にいらっしゃることでしょう。レンタルモバイルルーターというものがあることは知っているものの、どのような会社が運営しているのか、自分にとってお得なのかどうかは気になるポイントでしょう。
この記事ではレンタルモバイルルーターにスポットを当てて、レンタルモバイルルータについての知識を深めることにいたしましょう。
【この記事でわかること】
・レンタルモバイルルーターの種類
・レンタルモバイルルーターの運営会社とサービス内容
・レンタルモバイルルーターの選び方
・レンタルモバイルルーターの注意して選ぶポイント
  1. モバイルルーターのレンタルは2種類ある
    1. 短期レンタル
    2. 長期レンタル
  2. レンタルモバイルルーターの選び方
    1. レンタル期間
    2. 通信エリア
    3. 料金(手数料や送料含む)
    4. 端末と通信回線
    5. レンタル開始できるタイミング
    6. 返却方法
  3. おすすめのレンタルモバイルルーター10選
  4. おすすめのレンタルモバイルルーター10選の特徴を解説
    1. Wi-Fiレンタルドットコム:端末が豊富に用意
    2. WiFI東京:どのレンタル期間でも安い
    3. NETAGE:無制限で利用できる回線
    4. DMMいろいろレンタル:モバイル回線を選ぶことができる
    5. カシモバ:長期のレンタルは最安
    6. Wi-Fiレンタル特急便:無制限に使えて5G回線に対応
    7. 88モバイル:通信速度は安定。コスト抜群
    8. どんなときもWi-Fi:エリアの心配がなく短期利用が安い
    9. Wi-Fiレンタル屋さん:短期間の速度制限なし
    10. Wi-Fiレンタルジャパン:長期で借りれてモバイル回線が選べる
  5. モバイルルーターをレンタルする際の注意点3つ
    1. 長期レンタルは割高になる傾向がある
    2. 返却が遅れると追加料金を取られる
    3. 端末の破損や紛失をしてしまうと、高額な弁済金を請求される
  6. モバイルルーターをレンタルする流れ
    1. 利用したい無制限のレンタルポケットWi-Fiの公式サイトから申し込む
    2. 端末を受け取り、設定して利用開始
    3. 利用期間が終了したら端末を指定の方法で返却する
  7. レンタルモバイルルーターに関するよくある質問
    1. 即日レンタルできるモバイルルーターはある?
    2. データ無制限で使えるレンタルモバイルルーターはある?
    3. 口座振替が使えるレンタルモバイルルーターはある?
  8. まとめ:特におすすめのレンタルモバイルルーターは「レンタルWi-Fiドットコム」

モバイルルーターのレンタルは2種類ある

モバイルルーターの種類は大きく分けて2種類存在します。短期レンタルと長期レンタルです。
どちらもそれぞれ特徴があるのでご紹介いたします。

【モバイルルーターの種類】
短期レンタル
長期レンタル

短期レンタル

モバイルルーターの種類でもっとも浮かぶのは、「短期レンタル」ではないでしょうか。

どれくらいの期間の契約ができるのを短期って呼ぶの?
こんな質問が浮かぶかもしれませんが、短期レンタルができる運営会社によりますが、最短「1日」〜「1週間」くらいを短期レンタルと考えて良いでしょう。
このような「短期レンタル」に向いているユーザーは、出張先でネット環境がないために会議ができないケースや、旅行先でSNSをたくさん使いたいためにスマホではデータ容量が足りない場合などのケースがあります。他にも実家に帰省したりして、ネット環境がないために必要などが考えられます。

長期レンタル

モバイルルーターを借りる場合のもう一つの種類は「長期レンタル」です。

長期レンタルは、「1ヶ月」以上のレンタルを基本的には指しています。
長期レンタルに向いているユーザーは、「長期出張で利用したい」「光回線の工事を待つ間の繋ぎ」として利用する方に向いている契約方法です。
一般的に短期レンタルに比べて、長期レンタルの契約方法はお得になるケースが多くなります。

しかし半年以上などさらなる長期レンタルの場合は、2年契約などのWiMAX回線を契約した方がトータルコストが安くなるケースもあるはずです。

そのためご自分の利用期間をしっかりと見定めた上で、長期レンタルにするか、通常契約するか検討してみましょう。

レンタルモバイルルーターの選び方

レンタルモバイルルーターを選ぶ時に、いろいろなポイントがあります。選び方によっては思ったより支払い金額が高くなってしまったり、自分の利用用途に合わなかったということもあります。
そのため、レンタルモバイルルーターの選び方をしっかりと確認しておくのは重要です。

レンタル期間

レンタルモバイルルーターは、まず考えなければならないポイントは「レンタル期間」です。
一般的にレンタル期間が短いほど、利用料金は割高になり、長期レンタルすればするほど月額費用は下がります。

レンタル期間は、契約する会社によりますが、最短1日から、1ヶ月以上長期レンタルできます。
数年単位でレンタルすることを考えている場合は、通常の2年契約にした方が安くなることもあることも。

そのため、ご自身がどれほどレンタルする期間を想定しているのか、トータル費用はどれくらいかかるのかを見比べて契約することをおすすめします。

通信エリア

レンタルモバイルルーターは、通信をモバイル回線を利用しています。そのため通信できるエリアと通信できないエリアが存在します。

どこでも誰でも利用することができるものではありません。
特に山間部や、地方に行くと圏外になってレンタルしたものの利用しないということも。

レンタルモバイルルーター選びは、自分がよく利用するエリアが利用可能エリアなのか、対応エリアが広いものを選ぶことによって圏外や通信不可という事態を避けることができます。

料金(手数料や送料含む)

レンタルモバイルルーターを選ぶ上で、最も必要な重要ポイントは、料金です。初期事務手数料や送料なども含めたトータルコストでいくらかかるのかをしっかりと把握しておきましょう。

レンタルモバイルルーターは、最低利用期間の定めというものはほとんどありませんので、解約時や返却時に違約金が発生することはありませんが、初期事務手数料や往復送料が元払いという会社も少なくありません。

短期で契約した場合に特に注意してほしいのが、トータルコストが1ヶ月程度借りた時とほとんど変わらないことがあるということです。

もしかすると短期レンタルではなく、思い切って1ヶ月利用しないとしても長期レンタルを検討した方がトータルコストが安くなるケースもあります。

端末と通信回線

レンタルモバイルルーターを契約するポイントは、用意されている端末と通信回線はどこを利用しているかです。

いつも最新の端末でなければならないことはありませんが、端末が古いと通信速度が遅かったり接続台数が少ないというデメリットも
端末が新しいものであっても、通信する回線が遅い場合は同様に使いにくいレンタルモバイルルーターになってしまいます。特に下り速度と、通信時間を確認しておきましょう。

下り速度が速いものと通信速度が安定しているものを選べる会社で契約するのをおすすめします。

レンタル開始できるタイミング

レンタルモバイルルーターを選ぶポイントとして、「レンタルを開始できるタイミング」をしっかりと把握することです。

レンタルを開始できるタイミングによって、課金されるタイミングが変わってしまうからです。
特に短期利用を契約する人は注意してください。すぐに返さなければならないのに1日無駄に料金を支払ってしまうことも。
できる限り即日で発送してもらえるところ、在庫が豊富にあってレンタルをすぐにしてくれる会社を選ぶと自分が使いたい時にすぐに利用開始できることでしょう。

返却方法

モバイルレンタルルーターを選ぶポイントは、返却方法を確認することです。

返却方法は、契約している会社によって色々と選べます。
代表的なものは以下の通りです。
・郵便ポストに投函
・空港など主要エリアのお店に返却
・ゆうパックやヤマト運輸などの運送会社を利用する方法
返却方法がたくさんあるものを選ぶと、自分が都合の良い時に返却するので便利になります。
できる限り、返却方法は配送番号がしっかりとわかるものを利用して返却しましょう。

そうすることで、後ほど借りた返していないというトラブルを避けることができます。

おすすめのレンタルモバイルルーター10選

・レンタルモバイルルーターの会社はたくさんあってどれを選べばいいの?
・レンタルモバイルルーターの比較表は?
レンタルモバイルルーターを提供している会社はたくさんあるために、どれを選べば良いのか正直迷います。
特にあまりルーターに詳しくない人が選ぶ場合はよりわからないことでしょう。
ここでは、おすすめできるレンタルモバイルルーターを10社取り上げて特徴を説明いたします。
レンタルモバイルルーターレンタル期間料金(手数料や送料含む)通信回線レンタル開始できるタイミング返却方法
WiFiレンタルドットコム
最短1日〜一泊二日:496円
送料:1,067円
ソフトバンク回線15時までの受付で当日配送ポスト投函
WiFI東京
最短2日〜一泊二日:440円
送料:1,100円
ソフトバンク回線17時までの申し込みで当日発送ポスト投函
NETGATE
最短1日〜一泊二日:1,650円
送料:1,100円
ソフトバンク回線17時までの受付で当日配送ポスト投函
DMMいろいろレンタル
30日〜1ヶ月当たり1日:160円
送料:1,100円
WiMAX2回線即日配送なし宅急便
カシモバ
最短2日〜一泊二日:460円
送料:1,100円
Ymobile回線17時までの受付で当日配送ポスト投函
Wi-Fi特急便
最短2日〜一泊二日:660円
送料:1,100円
au回線13時までの申し込みで当日配送ポスト投函
88モバイル
最短7日〜七泊八日:480円(1日あたり)
送料:1,100円
ソフトバンク回線14時までの申し込みで当日配送ポスト投函
どんなときもWi-Fi
どんなときもwifi
最短2日〜一泊二日:330円
送料:1,100円
クラウドSIM(3大キャリア対応)12時までの受付で当日配送ポスト投函
Wi-Fiレンタル屋さん
最短2日〜一泊二日:490円
送料:1,100円
ソフトバンク回線17時までの申し込みで当日発送ポスト投函
WiFIレンタルジャパン
最短7日〜七泊八日:480円(1日あたり)
送料:1,100円
ソフトバンク回線14時までの申し込みで当日配送ポスト投函

 

おすすめのレンタルモバイルルーター10選の特徴を解説

ポケット型Wi-Fiのイメージ

ここでは10社レンタルモバイル会社をご紹介いたしました。それぞれの特徴をわかりやすくまとめています。
以下から確認してみましょう。

Wi-Fiレンタルドットコム:端末が豊富に用意

Wi-Fiレンタルドットコムの特徴は、モバイル回線を「Softbank」「au」「WiMAX」の3回線から自分の利用用途に合わせて契約できます。

・選べるモバイル回線の種類が豊富
・端末も豊富にラインナップ
デメリットとして、端末が豊富ではあるものの最新端末ではないことがネックになるかもしれません。
例として、E5383というソフトバンク回線を利用した2016年ごろの端末です。
そのためソフトバンクの通信速度を生かしきれていないとも言えます。
通常使いには問題ない範囲です。速度を求める方はレンタルではなく通常契約をした方が良いのであまり気にならないかもしれません。

WiFI東京:どのレンタル期間でも安い

WiFi東京の特徴は、501HWというソフトバンク回線を利用した端末1本のみのレンタルを提供しており、1日182円からのレンタルが可能です。どのレンタル期間をとっても安いのが最大の特徴です。

・レンタル料金をなるべく抑えて契約したい
・端末にこだわりはない

このような利用ユーザーにおすすめできるモバイルレンタル回線です。

NETAGE:無制限で利用できる回線

NETAGEの特徴は、モバイル回線を選ぶことができ、無制限で幅広く利用できるレンタルモバイル回線です。
モバイル回線は「ソフトバンク」「au」「ドコモ」「Ymobile」「WiMAX」「クラウドSIM」などほとんどの回線を網羅。

・エリアを気にせずに利用したい
・無制限でレンタルモバイルルータを利用したい

このようなユーザーの方に向いているレンタルモバイル回線です。

しかしたくさん種類があるためなのか、比較的料金は割高な傾向にあります。

一泊二日のプランで、3300円と他社レンタルモバイル回線にしては高いので、ある程度中長期に契約する方に向いてる回線と言えます。

DMMいろいろレンタル:モバイル回線を選ぶことができる

DMMいろいろレンタルの特徴は、モバイル回線「ソフトバンク」「WiMAX」の2種類から自分にあった回線を選んで契約できます。

・モバイル回線を選んで契約したい
・短期ではなく中長期に契約したい
このようなユーザーにおすすめのレンタルモバイル回線です。
一泊二日のような超短期契約はできず、最低でも七泊八日にから契約ができます。

一日当たり236円という安さで提供されているので、中長期にレンタルを考えているユーザーは検討しても良いでしょう。

カシモバ:長期のレンタルは最安

カシモバの特徴は、ソフトバンク回線を利用できる中で、長期のレンタル料金が最安です。

・短期契約ではなく長期で安く利用したい
・モバイル回線はソフトバンク回線を利用したい
カシモバは短期での利用は、一泊二日で920円と一日当たりで460円です。
他社レンタルモバイル回線とあまり変わりませんが、長期契約1ヶ月のレンタルは一日当たり213円と最安値になります。

そのためカシモバをレンタルする場合は、短期契約ではなく長期契約を前提としているユーザーにおすすめできる回線と言えます。

Wi-Fiレンタル特急便:無制限に使えて5G回線に対応

Wi-Fiレンタル特急便の特徴は、ワイヤレスゲートという大手が運営しており無制限に利用できるレンタルモバイル回線です。特に珍しく最新の5G回線に対応しているのも特徴です。

・無制限でのデータ通信を考えている
・5Gなど最新の端末を利用したい
レンタルできるルーターがWiMAX5G回線を利用できる「Galaxy 5G Mobile」のみです。
そのためWiMAX回線を利用した利用無制限の通信と、5Gの通信を同時に行うことが可能。
最新端末をいち早く提供しているので、接続台数も多く便利です。

とにかく速度を重視して、無制限レンタルモバイル回線を利用したいと考えているユーザーにおすすめです。

88モバイル:通信速度は安定。コスト抜群

88モバイルの特徴は、通信速度が安定しておりコストがとても良いというものです。
「au」「ソフトバンク」回線が選べて、通信速度が安定しているという口コミも多いです。

・通信速度が安定して利用できる回線を探している
・「au」回線を利用したい
月間の容量制限があるものの、ソフトバンク回線、au回線ともに速度は十分です。
端末が少々古いものがありますが、日常使いには問題ないでしょう。

通信速度が安定しているコストが安いレンタルモバイル回線を探している方におすすめです。

どんなときもWi-Fi:エリアの心配がなく短期利用が安い

どんなときもWi-Fiの特徴は、クラウドSIMを利用して、ドコモ、ソフトバンク、auを自分がいるエリアに合わせて切り替えて使うことができます。短期のレンタルも安いのも特徴です。

・クラウドSIMでエリアを気にせずに利用したい
・短期レンタルを検討しており安く利用したい
一泊二日のレンタルで660円ですが、一日当たり330円で利用できるデイリープランが人気です。
デイリープランを利用すると、短期利用で最も安く利用できることができます。
クラウドSIMによって、自分が意識しなくても圏外になりにくく通信ができるので
エリアの不安なく利用したいユーザーにおすすめのレンタルモバイル回線です。

Wi-Fiレンタル屋さん:短期間の速度制限なし

Wi-Fiレンタル屋さんの特徴は、ソフトバンク回線、WiMAX回線を選ぶことができ短期間の通信速度制限がないレンタルモバイル回線です。

・短期間での通信モバイル制限がないものを利用したい
・17時までの申し込みで即日配送なので、すぐに利用したい
短期間でのモバイル通信制限がない回線なので、一時的に利用したい方に特におすすめできます。
入院時や、旅行先で短期間で大量のデータをやり取りしたいと考えているなら、契約を検討しても良いでしょう。

Wi-Fiレンタルジャパン:長期で借りれてモバイル回線が選べる

Wi-Fiレンタルジャパンの特徴は、ドコモ、ソフトバンク、WiMAXの3種類の回線が選ぶことができ長期にレンタルができるレンタルモバイル回線です。

・ドコモ、ソフトバンク、WiMAXのたくさんの回線から選びたい
・長期にレンタルしたい
一泊二日の短期レンタルのプランはありませんが、1週間以上のレンタルが可能です。
レンタル費用は一日あたり232円(1ヶ月)なので、標準的な利用料金と言えるでしょう。

エリアの不安がないのであれば、WiMAX回線などを選ぶことで通信速度と費用のバランスが取れたものを選ぶことができるでしょう。

モバイルルーターをレンタルする際の注意点3つ

疑問を抱く女性

モバイルルーターをレンタルする時には、注意すべきポイントが3つあります。注意しなければ落とし穴も。
以下まとめています。

長期レンタルは割高になる傾向がある

レンタルモバイルルーターの注意点は、長期レンタルは割高になる傾向になります。

例えば、レンタルWi-FiドットコムでSotbank回線のルーターを借りた場合、1ヶ月の料金は「5,200円」になります。しかしWiMAX回線を3年契約をした場合、4,500円程度で利用できるわけです。

WiMAX回線は3年契約など長期契約を前提になっているので、すぐに解約したりはできません。
レンタルモバイルルーターは、1ヶ月以上契約するのであれば通常の契約をした方がお得になる可能性が高いと言えます。

レンタルの方が気兼ねなく使えるので、ご自身の契約期間がどれくらいになるのか考えて契約するようにしましょう。

返却が遅れると追加料金を取られる

レンタルモバイル回線の注意点は、端末の返却が遅れてしまうと追加料金が発生してしまうことです。
ご自分が契約した期間を超えてしまうと、余計な費用が発生するので注意が必要です。

レンタルモバイルルーター会社によって違いますが、返却日というものが設けられています。
返却日までに端末が返っていないことが確認できない場合に費用が発生します。
特に注意してほしいのは、自分が返却したと思っても端末が業者に確認が取れるまでは返却扱いにならないということです。宅配業者などによっては1日以上かかるケースもあり早めの行動を心がけましょう。

端末の破損や紛失をしてしまうと、高額な弁済金を請求される

レンタルモバイルルーターの注意点は、端末の故障や紛失をしてしまうと高額な弁済金を請求されます。
自然故障などであれば仕方ない部分もありますが、なるべく故障しないように注意して利用しましょう。

特にモバイルルーターは持ち運びができるので便利な反面、落としたり紛失したりリスクは高くなります。
落としてしまうと傷が入ってしまうリスクもあるので気をつけて利用したいですね。
そのためほとんどの会社では、契約時にオプションとして紛失や故障時に費用がかからないようにするものが用意されています。少し費用がかかってしまいますが、故障した時の安心料として契約するのをおすすめします。

何かあってからは遅いので、レンタルである以上丁寧に端末を利用するように心がけてください。

モバイルルーターをレンタルする流れ

モバイルルーターをレンタルするための流れをここではご説明いたします。
流れを掴んでおくことで、速やかに契約を進めることができます。

利用したい無制限のレンタルポケットWi-Fiの公式サイトから申し込む

レンタルモバイルルーターを利用したい無制限のポケットWi-Fi公式サイトから申し込みを行います。
公式サイトに、「申し込み」という欄があるのでクリックして必要事項を入力します。

・ご自身の契約者情報
・クレジットカードなどの支払い情報
・端末の受け取り場所(コンビニ、飛行場、店頭)
・レンタルしたい期間
・オプション
こうした情報をWebサイトから入力したり選択して契約を進めます。

端末を受け取り、設定して利用開始

レンタルモバイルルーターを申し込みしたら、端末を指定した受け取り場所で受け取ります。
即日発送可能の業者を選んでおくと、次の日などにすぐに受け取ることができます。

お忙しい方は、コンビニ受け取りや、飛行場や店頭など窓口で直接受け取れるように手配しておくと便利です。

利用期間が終了したら端末を指定の方法で返却する

レンタルモバイルルーターの利用期間が終了したら、業者指定の方法で端末を返却します。
ほとんどの場合は、ポストに投函して終わりです。

・返却時は、端末だけでなく付属品もすべて返却するようにしましょう。
付属品を忘れてしまったり、紛失してしまっていると高額な弁済金が発生する可能性があります。
なるべく配送記録が残る方法で返却するようにしましょう。
きちんと指定した場所に返却できていたか確認することができるからです。

 

レンタルモバイルルーターに関するよくある質問

レンタルモバイルルーターを契約したり、申し込みをする前によくある質問について以下まとめています。

即日レンタルできるモバイルルーターはある?

レンタルモバイルルーターを即日レンタルできるものがあります。
ほとんどの場合は、時間帯によりますが当日配送翌日到着が多いのですが、飛行場や店頭にて直接受け取ることができるサービスを提供しています。

・カシモバ(新宿)
・Wi-Fi東京(西新宿)
・Wi-FIレンタル屋さん(秋葉原)
このように店頭にてレンタルWi-Fiを貸し出している事業者があるのでそういったところを利用するなら即日ですぐに利用開始することができますね。

データ無制限で使えるレンタルモバイルルーターはある?

レンタルモバイルルーターで、データ無制限で使えるモバイルルーターはあります。

・Wi-Fiレンタル屋さん
・NETGATE
まだたくさんあると思いますが、このサイトでご紹介した中ではこの2社がデータ無制限サービスを提供。
しかしほとんどの場合は、レンタルの特性上データ容量に制限があることが多いです。
WiMAX回線を利用しているレンタルWi-Fiであれば容量無制限になっていることが多いので確認しましょう。

口座振替が使えるレンタルモバイルルーターはある?

レンタルモバイルルーターで、口座振替が使えるものはほとんどありません。
ほとんどの場合はクレジットカードでの支払いです。

口座振替を利用するとすぐにレンタルすることができないなどの理由があるのでしょう。

まとめ:特におすすめのレンタルモバイルルーターは「レンタルWi-Fiドットコム」

いかがだったでしょうか。この記事を通してレンタルモバイルルーターについて理解できました。
特におすすめできるレンタルモバイルルーターは、「レンタルWi-Fiドットコム」です。

・端末が豊富に用意されていること
・Softbank、WiMAX回線とモバイル回線を選べること
・即日受け取りが可能。(飛行場など)
・当日配送が可能で、スピード契約ができる
以上の理由から、当記事ではレンタルWi-Fiドットコムをおすすめすることができます。
もちろん費用面など様々な事情があるかと思いますので、ご自身の利用ニーズや料金にあったサービスを探してみてくださいね。