wifi

Wi-Fiが弱いのは改善可能?|今すぐできる3つの対処法

「ポケットWiFiの電波が弱く、快適に使えない…」WiFiを利用する上でこのように感じたことがある方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

電波が弱くてWiFiが思うように使えないけれど、何が原因なのか、またどうすれば改善するのかわからないことも多々ありますよね。

そこで本記事では主に、ポケットWiFiの電波が弱い原因や今すぐできる対処法、また無意味な対策などについて解説していきます。

<この記事でわかること>
・ポケットWiFiの電波が弱くなる原因
・今すぐできる電波強度の改善法
・やっても意味がない電波強度改善のための対策

WiFiの電波が弱い場合、以下の内容を実践すれば改善する可能性もありますので、ぜひお困りの方は最後までお読みくださいね。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

ポケットWi-Fiの電波が弱い原因はなに?|急に強度が弱くなる5つの原因

WiFi

ポケットWiFiの電波が弱い原因として、まず考えられるのは以下の5つです。

以下の項目については、最低限確かめておくようにしましょう。

WiFiルーターを置いている場所が悪い

まず1つ目の原因は、WiFiルーターを置いている場所が悪いということです。

電波は家具や厚い壁、金属製の障害物などによって遮断されるため、置き場所が悪いと電波の強度が落ちてしまいます。

おすすめの置き場は、通信拠点からの電波を受け取りやすい窓際です。

ポケットWiFiの電波が弱いと感じた時はまず、WiFiルーターの置き場所を変えてみましょう。

端末からWiFiルーターまでの距離が遠い

WiFiの電波が弱まる原因の1つとして、端末からWiFiルーターまでの距離が遠いということも挙げられます。

周囲の環境にも左右されますが、ポケットWiFiの電波がパソコンやスマホに届く距離の目安はおおむね10m程度です。

ポケットWiFiを利用する際には、最低限この距離以内での使用を心がけるようにしましょう。

家電などの電波が干渉してしまっている

3つ目の原因として考えられるのは、家電などの電波が干渉してしまっているということです。

複数の電波が干渉すると、同じ周波数帯域にさまざまな無線の電波が入り込んでぶつかり合い通信速度の低下が引き起こされます。

なお、電波干渉を引き起こす原因となり得る主な家電は以下の4つです。

<電波干渉の原因となり得る家電>
・電子レンジ
・無線の電話機
・テレビ
・Bluetooth機器

上記のような家電はWiFiの電波を弱める原因となるため、近くにポケットWiFiを置くことがないようにしておきましょう。

使用場所が対応エリア外(圏外)になっている

使用場所が対応エリア外(圏外)になっていることも、電波が届かない原因の1つです。

各ポケットWiFi提供会社によっても回線が異なるため、対応エリアや通信速度は異なっています。

そのため、使用場所によっては対応エリア外であったり、エリア内であっても電波が弱く圏外になりやすい可能性も考えられます。

自分がポケットWiFiを使用したい場所が対応エリア外になっていないか、一度確かめておきましょう。

同時接続されている端末が多い

最後に、ポケットWiFiの電波が弱い原因として、同時接続されている端末が多いということが挙げられます。

ポケットWiFiは同時接続できる台数の上限が端末ごとに決められています。

しかしながら、同時接続端末が多い場合は、上限に達していなくとも通信速度が遅くなってしまうのです。

最大同時接続台数はあくまでも目安にすぎないため、使っていない接続端末の接続を解除することでWiFiの電波強度が回復する可能性があります。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

ポケットWi-Fiの電波が弱い時はどうすべき?|今すぐできる対処法

電波 強度

ポケットWiFiの電波が弱い原因を理解していただけたところで、今すぐできる対処法を解説していきます。

ポケットWiFiの電波が悪い時に実践すべき対処法は以下の3つです。

接続している周波数を変えてみる

まず1つ目の対処法は、「接続している周波数を変えてみる」ということです。

無線LAN電波の周波数帯域には2.4GHzと5GHzの2種類があり、それぞれ以下のような特徴を持っています。

<2.4GHzと5GHzの特徴>
・2.4GHz:障害物に強く、広範囲に電波を飛ばせるものの回線が混雑しやすく不安定
・5GHz:通信速度が2.4GHzよりも早く安定するが障害物の影響を受けやすい

周波数帯域はポケットWiFiの設定から簡単に変更できるため、電波が弱いと感じた際には周波数帯域を変更してみるとよいでしょう。

接続端末を再起動してみる

接続端末を再起動してみることも、電波が弱い場合の対処法として挙げられます。

ポケットWiFiを長時間使用していると、機器内での不具合やログの蓄積によって一時的なエラーが生じることがあります。

再起動するだけで電波状況が改善される場合もあるため、まずは一度ポケットWiFiの電源を切って再起動してみましょう。

ルーターのファームウェアを最新のものにする

電波が弱いと感じた場合、ルーターのファームウェアを最新のものにすることで改善される場合もあります。

ファームウェアとはインターネットやパソコン周辺機器を動作させるソフトウェアのことです。

定期的に新しいバージョンが提供されますが、その都度更新していないとファームウェアのバグによって動作が不安定になってしまうことがあります。

基本的にファームウェア更新の有無は自動的にチェックしてくれますが、もし最新のものになっていないのであれば最新のファームウェアに更新しておきましょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

どうしてもWiFiの電波が弱い|改善するための最終手段

電波

続いては、電波が弱いと感じる場合の最終手段について解説していきます。

上述した対処法を実践してもなお電波が弱いと感じる場合には、以下の最終手段も考慮していきましょう。

端末を最新のものに交換する

最終手段の1つ目は、端末を最新のものに交換するということです。

どうしても電波が弱いのであれば、端末そのものが故障しているということも考えられます。

ポケットWiFiを別の機器にも接続して電波の状態を確認した際、どの機器に対しても上手く接続できないのであればWiFi側に問題があるといえるでしょう。

最新の端末に交換することで改善される可能性も十分に考えられるため、電波状況を改善したい方は交換も検討してみてくださいね。

接続している機器を最新のものにする

続いて紹介する手段としては、接続機器を最新のものにするということです。

ポケットWiFiを機器に接続して電波の状態を確認した際、特定の機器だけ上手く接続できないのであれば接続している機器側に問題があると考えられます。

もし接続機器側に故障や不具合がみられるようであれば、ポケットWiFiではなく接続している機器を最新のものに変えることで状況が改善される可能性もあるでしょう。

プロバイダの変更を検討する

WiFiの電波改善のための最終手段として挙げられるのは、プロバイダを変更するということです。

契約しているプロバイダによっては、時間帯による利用者の増加などにより回線が混雑し電波が弱くなることがあります。

また、システムダウンにより通信障害が起きて電波が思うように届かない、といった事態も起こることもあります。

ですので、もし現在の契約で納得のいく電波を得られないのであれば、プロバイダの変更も検討してみるとよいでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

ポケットWiFiの電波が弱い時|こんな対策は無意味

電波 弱い

ここからは、ポケットWiFiの電波が弱い時にすべきではない無意味な対策を紹介していきます。

以下のような対策を講じても電波状況は改善しないため気をつけてくださいね。

<WiFi電波改善における無意味な対策>
中継機を接続・設定する
アルミホイルを巻く

中継機を接続・設定する

まず無意味な対策の1つは、中継機を接続・設定するというものです。

そもそも中継機は、スマホ等のWiFi機器とルーターの間に設置することで電波を橋渡しするという役割を持っています。

中継機を使えば壁や家具、障害物を避けて電波を届けることは可能になりますが、電波の強さそのものを改善することはできません

根本的な解決方法ではありませんので、中継機の利用はポケットWiFiの電波強度を高める上で無意味といえます。

アルミホイルを巻く

ポケットWiFiの電波強度を高める方法として”アルミホイル”を使用する方法が紹介されていることがありますが、これも無意味な対策といえます。

ダンボールのような大きなものをアルミホイルで覆って反射板にした場合は多少効果が得られますが現実的でなく、ポケットWiFiと同等のサイズでは全く効果が得られません。

ましてやアルミホイルを全体に巻きつけてしまうと、逆に電波が弱くなってしまいます。

ですので、アルミホイルを巻くといった対策は無意味といえるでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

ポケットWi-Fiの電波が弱いことに関するよくある質問は?

最後に、ポケットWiFiの電波が弱いことに関するよくある質問を紹介していきます。

ポケットWiFiの電波の弱さが気になっている方は、ぜひ一度読んでおきましょう。

wi-fiの中継器で最強なものは何がある?

最強WiFi中継機として紹介したいのが、AirStation HighPower WEX-1800AX4 [ホワイト]です。

Product Award 2021で金賞を受賞しており、利用者の評価も高い製品となっています。

以下がこの製品の口コミ・評価の1つです。

口コミ・評価:4.49★★★★✬
リモートワークで使用のため、4LFDK70平米のマンションの端のリビングにある親機から端の部屋まで電波が届くよう導入。元は5GHzが不安定であったが導入後は安定して使用出来ている。

口コミを見ると、「この中継機を使うことで電波の安定性が向上し、ネット環境が快適になったため利用して良かった」といった声が見受けられます。

壁や障害物の影響で電波が弱くなっている場合には、この中継機を利用してみることをおすすめします。


wi-fiの電波強度を上げる設定はない?

WiFiの電波強度を高める設定として挙げられるのは上述の通り、接続チャンネルを切り替えて周波数帯域を変更する設定です。

2.4GHzの周波数帯域はほとんどの機器が対応しているため、壁や障害物には強いものの電波干渉を受けやすく速度も遅いという難点があります。

5GHzに設定を変えれば、電波干渉が起きにくく電波速度も速くなるため、壁や家具などの障害物を避けられるのであれば設定を5GHz帯の接続に変更してみましょう。

wi-fiの電波を強くする簡単な方法は?

WiFiの電波を強くする簡単な方法として挙げられるのは次の3つです。

<WiFiの電波を強くする3つの簡単な方法>
・ルーターの設置場所を変える
・ファームウェアをアップデートする
・接続チャンネルを切り替えて周波数帯域を変更する

電波の弱い原因が、ルーター本体の故障や通信回線そのものの電波の弱さでなければ、上記のような方法で改善される場合があります。

まだ試していない方はぜひ、上の項目を実践してチェックしてみてくださいね。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

Wi-Fiの電波が弱い時はまず置き場所をチェック|解決しない場合は乗り換えも検討

WiFi2

今回の記事では、ポケットWiFiの電波が弱い原因や今すぐできる対処法、また無意味な対策などについて解説してきました。

WiFiの電波が弱い場合いくつもの原因が考えられるため、電波強度を改善するためには置き場所や設定など、1つずつ確かめていく必要があります。

現在利用しているポケットWiFiの電波が弱いと感じている方はぜひ、本記事の対処法を実践して快適なネットワーク環境を手に入れてくださいね。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る