wifi

一人暮らしはWi-Fiさえあれば大丈夫|光回線がいらない理由3つ

一人暮らしをする際に、Wi-Fiを導入すべきか悩む人は多いです。料金の面はもちろん、スマホの通信だけで賄えるならそうしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

結論として、Wi-Fiは一人暮らしだからこそ導入すべきです。スマホやパソコンを使うとき、Wi-Fiがなくて困るケースは多々あります。

この記事では一人暮らしで利用すべきおすすめのWi-Fiとあわせて、Wi-Fiを選ぶポイントや注意点について徹底調査しました。

Wi-Fiがあれば、結果的に月々の固定費を安くできるかもしれません。ぜひ参考にしてWi-Fiの導入を検討してみてください。

【この記事でわかること】
・一人暮らしにおすすめのWi-Fi
・一人暮らしでWi-Fiを選ぶポイントと注意点
・一人暮らしで契約すべき回線

一人暮らしでおすすめのWiFiはこの3つだけ|おすすめできる回線3種類

オススメを示す女性

一人暮らしでWi-Fiを用意するのであれば、以下の3つがおすすめです。

それぞれどのような特徴のWi-Fiなのか、内容を見ていきましょう。

モバイルWi-Fi回線:手軽に利用できるのが魅力

モバイルWi-Fi回線は、持ち運んで利用できるWi-Fiのことを指します。「ポケットWi-Fi」や「WiMAX」と呼ばれることもあり、海外旅行で利用されることも多いです。

契約して機器が手元に用意された段階ですぐに利用でき、もちろん工事は必要ありません。回線速度は他の2つに比べれば劣るものの、複数台を同時接続しなければそこまで気になることもないでしょう。

ただし、月間データ利用量の上限が設けられていることや、3日間で10GBなどの制限が設けられていることも多いため、頻繁に多くのデータ通信を利用したい場合には注意が必要です。

利用可能エリアに関しても、該当しているかのチェックは忘れないでください。

ホームルーター回線:工事不要で安定した回線が利用可能

ホームルーター回線は、工事不要でインターネットを利用できる回線です。コンセントに機器を挿せばすぐに利用できる、余計な手間がかからない点が人気を集めています。

回線速度も比較的早く、モバイルWi-Fi以上光回線未満の速度で利用可能です。またモバイルWi-Fiと違い、利用機器によっては有線での接続もできます。

利用できるデータ通信量もモバイルWi-Fiと比較すれば多いです。契約内容によっては無制限で利用できるものありました。

ただし、モバイルWi-Fi同様3日間の利用量が多いと制限がかかることもありますので、契約内容は必ず確認しましょう。

エリアの問題で、無制限のプランを契約していても実際は上限が設けられているケースも珍しくありません。

光回線:高速かつ安定したインターネットが使える

光回線は、高速かつ安定したインターネットを利用できる回線です。大容量のデータ通信を利用するのであれば、光回線の契約を検討しましょう。

基本的に利用できるデータ通信量の上限はなく、好きなだけ動画視聴やゲームのプレーを満喫できます。

月額料金で見ればモバイルWi-Fi・ホームルーターと比較すると若干高く、利用するには設備導入や回線工事が必要です。

利用開始までの期間が若干かかる点は、光回線ならではのデメリットといえるでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

一人暮らし用のWiFiで光回線はいらない?|おすすめできない理由

光回線のイメージ画像

一人暮らしでWi-Fiを導入するにあたって、光回線はあまりおすすめできません。理由としては、以下の3つがあげられます。

いずれも光回線ならではのデメリットですので、しっかり内容を把握していきましょう。

利用するのに工事が必要

光回線を利用するには、回線を利用するための工事が必要です。工事には当然費用が掛かるため、初期費用も高くつきます。

開通工事は基本的に立ち合いが必要となり、工事業者とのスケジュールも調整しなければなりません。土日休みの方が休日に工事をしようとする場合、3,000円程度の追加工事費がかかることもあります。

工事の時間も約1~2時間程度かかり、その間は何もできません。工事の時間帯によっては、休みが一日つぶれてしまうこともあるでしょう。

一口に工事をするといっても、これだけのデメリットが生まれてしまいます。とはいえ、工事をしなければ光回線が利用できないのも事実ですので、申し込むのであればあらかじめ覚悟しておきましょう。

利用するまでに時間がかかりすぎる

光回線は、申し込んで即日利用することはできません。短くても2週間、平均すると1か月程度が開通までかかると考えておいた方が良いです。

また、3月や4月のいわゆる引っ越しシーズンは、開通工事に2か月程度かかるケースも珍しくありません。もし該当の時期に開通させたいのであれば、1月には申し込みをしていなければ遅い可能性もあります。

あらかじめ開通させたい日が決まっているのであれば、しっかりと逆算して使いたい日に使えないといったことがないようにしておきましょう。

また、事前に申し込みをしていたとしても、稀に工事日が変更となり利用できないケースもあります。これらのトラブルにも対応できるように、付近の日程はあらかじめ調整しておいた方が安心です。

月額料金はその他回線とほぼ同じか高いくらい

月額料金の面で見ても、光回線はモバイルWi-Fi・ホームルーターと比較してメリットがありません。同じくらいの価格、もしくは少し高い回線がほとんどです。

戸建ての場合には5,000円~6,000円程度、集合住宅の場合には4,000円~5,000円の価格帯が多くなっています。対してモバイルWi-Fiやホームルーターは4,000円前後の価格帯がほとんどです。

一人暮らしの場合、光回線でなければ困ることはほとんどありません。むしろ光回線の場合、性能を活かしきれないことが多いです。

少しでも固定回線にかかる費用を節約したいのであれば、光回線ではなく他の回線の利用を検討しましょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

一人暮らしでWiFiを利用する時の選び方|押さえておきたいポイント3つ

Wi-Fiのイメージ画像

一人暮らしでWi-Fiを利用するのであれば、選び方にもこだわるべきです。選ぶときに押さえておくべきポイントを3つ見ていきましょう。

ここからはそれぞれのポイントについて、内容を詳しく解説していきます。

月額料金とデータ容量は見合っているか

Wi-Fiを利用するのであれば、月額料金とデータ容量のバランスを確認することが重要です。価格とデータ容量のバランスが取れていなければ、結果的に損してしまう可能性は十分にあります。

例えば価格が安くても通信量が少なければWi-Fiとして意味がありませんし、その逆だと固定費として維持するのは非常に大変です。

契約するWi-Fiが何かにもよりますが、一人暮らしのWi-Fiの場合には月額料金が5,000円前後が相場といえるでしょう。また、通信量は無制限のものが多く出てきています。

自身の利用スタイルに合っているか、価格と容量のバランスがいいかは契約前に必ず確認すべきポイントです。

回線速度は十分に出ているか

回線速度は、Wi-Fiを利用するうえでかなり大切なポイントです。回線速度が遅ければまともな通信ができず、ストレスが溜まってしまいます。

当然早いに越したことはないですが、遅くても100Mbps程度の回線速度は欲しいところです。ただし、100Mbpsでも大容量の通信にはかなりの時間がかかります。

例えば動画のアップロードやダウンロード、ゲームのアップデートなどに時間がかかってしまうため、いざというときすぐに利用できない可能性もあるでしょう。

なお、一般的に光回線>ホームルーター>モバイルWi-Fiの順に回線速度は速いとされています。

利用エリアでの接続安定性はしっかりと保てているか

モバイルWi-Fiやホームルーターを利用する際には、利用エリアの接続安定性が保てているかを必ずチェックしましょう。

そもそもモバイルWi-Fi・ホームルーターは、利用可能エリア内でなければ満足な通信ができません。速度が遅いだけならまだいいですが、場合によっては通信自体ができない可能性もあります。

契約時は、契約する回線のホームページで必ず事前のエリア確認をしましょう。確認せずに契約した場合、自己責任となり多くの事業者はキャンセルができません。

接続が安定していれば回線速度の向上にもつながりますので、確認を徹底したいポイントの一つです。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

一人暮らしのWiFiは工事不要なものがおすすめ|検討したい厳選回線

サムズアップをする男性

一人暮らしでWi-Fiを契約するのであれば、工事がいらないものを選ぶようにしましょう。とはいえ、使い方によっては光回線がおすすめのケースもあります。

実際に契約するにあたって、どこを選べばいいかわからない方のためにそれぞれのおすすめ回線を厳選しました。

厳選した回線について、詳しくみていきましょう。

一人暮らしにおすすめなポケットWiFi

一人暮らしでポケットWi-Fiを契約するのにおすすめの3社を徹底比較しました。

サービス名FUJI WIFI

縛りなしWiFi

MUGEN WiFi

通信速度最大300Mbpsまたは150Mbps最大150~612Mbps
※機器により異なる
最大150Mbps
データ容量月間30GB~月間40GB~月間100GB
初期費用3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)
使用までの日数最短2営業日で発送最短即日発送最短即日発送

それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう。

FUJI WIFI:契約期間を気にしたくない人におすすめ

FUJI WIFI公式ロゴ

出典:FUJI WIFI公式サイト

サービス名FUJI WIFI
運営会社株式会社レグルス
通信速度最大300Mbpsまたは150Mbps
データ容量月間30GB~
初期費用3,300円(税込)
使用までの日数最短2営業日で発送

『FUJI WIFI』は、契約期間を気にしたくない方におすすめのポケットWi-Fiです。取り扱われているプランすべてに契約期間が設けられていないため、好きなタイミングで解約できます。

解約時に違約金も発生しないため、試しに使ってみるのも一つの選択肢となるでしょう。

月額料金は3,410円(税込)~となっており、料金面で見ても非常にお得なポケットWi-Fiです。月間GB数での契約のほか、1日当たり10GB利用できるプランも用意されているため、『FUJI WIFI』はさまざまなユーザーのニーズを満たすポケットWi-Fiといえます。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

縛りなしWiFi:短期間の契約をしたい人におすすめ

出典:縛りなしWiFi公式サイト

サービス名縛りなしWiFi
運営会社株式会社クーペックス
通信速度最大150~612Mbps
※機器により異なる
データ容量月間40GB~
初期費用3,300円(税込)
使用までの日数最短即日発送

『縛りなしWiFi』は、短期間の契約を考えている方におすすめのポケットWi-Fiです。サービス名にある通り、契約期間が設けられていないため、好きな時に契約でき、好きなタイミングで解約できます。

契約期間が設けられているプランも用意されており、縛りなしのプランと比較して月額料金が安くなるのも大きな特徴です。契約期間を気にせずに通信費を下げたいなら、契約を検討してみましょう。

月額料金は縛りなしのプランが3,366円(税込)~、縛りのあるプランが2,926円(税込)~となっています。他社が提供するポケットWi-Fiの料金と比較すると、安く利用できるのも『縛りなしWiFi』ならではのメリットといえるでしょう。

 

MUGEN WiFi:大容量使えるポケットWi-Fiを探している人におすすめ

出典:MUGEN WiFi公式サイト

サービス名MUGEN WiFi
運営会社株式会社surfave
通信速度最大150Mbps
データ容量月間100GB
初期費用3,300円(税込)
使用までの日数最短即日発送

『MUGEN WiFi』最大の特徴は、月間100GBの通信が利用できるプランを提供している点です。月額3,718円(税込)~利用でき、1GB当たりの料金は非常にお得です。

回線速度は最大150Mbpsと速いわけではないものの、仕事の資料を送ったり、ビデオ通話をしたりするのには全く困りません。

また、『MUGEN WiFi』では30日間の無料体験を用意しており、実際の利用環境で使用上の問題がないか確認できます。万が一速度やエリアに問題があった場合は、返送手数料の1,100円(税込)のみで解約可能です。

一時的に事務手数料+1ヶ月分の料金は発生しますが、後々返金されるため安心してください。

 

一人暮らしにおすすめなホームルーター

一人暮らしでホームルーターを契約するのであれば、以下の3社がおすすめです。それぞれのサービス内容を比較していきましょう。

サービス名BroadWiMAX

カシモWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

通信速度最大2.7Gbps最大2.7Gbps最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用24,043円 or 26,023円(税込)
※うち20,743円はキャンペーン割引あり
3,300円(税込)3,300円(税込)
使用までの日数最短申し込み当日最短即日発送最短即日発送

各社の特徴を知ることで、契約後のトラブルに合う可能性を軽減できます。

BroadWiMAX:他社から乗り換える人におすすめ

出典:BroadWiMAX公式サイト

サービス名BroadWiMAX
運営会社株式会社リンクライフ
通信速度最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用24,043円 or 26,023円(税込)
※うち20,743円はキャンペーン割引あり
使用までの日数最短申し込み当日

『BroadWiMAX』は、他社からの乗り換えを検討している方におすすめのホームルーター回線です。他社の違約金を最大19,000円負担してくれるため、既存契約の解約金や端末代が発生しても安心できます。

最新の5Gプランにも対応しているため、快適な通信速度を求める方にもおすすめの回線です。

もしホームルーターを利用してみて合わなかった場合でも、『BroadWiMAX』指定の回線に切り替えをすることで、違約金なしで乗り換えができます。

申し込みをした後、店舗まで足を運べば当日から利用できるのも魅力といえるでしょう。

 

カシモWiMAX:初期費用を抑えたい人におすすめ

出典:カシモWiMAX公式サイト

サービス名カシモWiMAX
運営会社株式会社MEモバイル
通信速度最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用3,300円(税込)
使用までの日数最短即日発送

『カシモWiMAX』は、初期費用を節約したい方におすすめの回線です。初期費用として発生するのは事務手数料のみで、ホームルーターにありがちな端末費用の負担はありません。

2年契約を提供している数少ない事業者の一つでもあり、2年契約ができる中では月額料金が4,708円(税込)とかなりお得です。

また、本来プラスエリアモードを使用するためには1,100円(税込)の追加費用が発生します。しかし『カシモWiMAX』ではプラスエリアモードを使用しても、追加費用は不要です。

料金の面で見ても、『カシモWiMAX』は非常にお得であるといえるでしょう

 

GMOとくとくBB WiMAX:通信速度を重視する人におすすめ

出典:GMOとくとくBB WiMAX公式サイト

サービス名GMOとくとくBB WiMAX
運営会社GMOインターネット株式会社
通信速度最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用3,300円(税込)
使用までの日数最短即日発送

『GMOとくとくBB WiMAX』は、通信速度を重視する方におすすめの回線となっています。最大の通信速度は2.7Gbps、実測値で見ても他のホームルーターより速いとの口コミが多く見られ、ストレスを抱くことは無いでしょう。

データ容量も当然無制限で、3日間で15GBを超過しない限りは永久に使い放題です。

万が一利用してみて合わなかった場合でも、『GMOとくとくBB WiMAX』であれば簡単にキャンセルが可能な点もメリットといえます。20日間以内に手続きする必要はありますが、それだけの期間があればエリアや通信速度の判断はできるでしょう。

最短即日発送で、早ければ翌日に手元に届くのも嬉しいポイントです。

 

一人暮らしにおすすめなWiMAX

モバイルWi-Fiの中でも無制限であったり、回線速度の速いものはWiMAXと呼ばれています。WiMAXを利用したWi-Fiの中で、おすすめの3社を比較しました。

サービス名UQ WiMAX

BIGLOBE WiMAX

Vision WiMAX

通信速度最大2.7Gbps最大2.7Gbps最大2.2Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用25,080円(端末代+事務手数料)25,212円(端末代+事務手数料)0円
使用までの日数最短2~3日2日〜1週間最短即日発送

WiMAXの特徴と併せて、サービス内容をしっかりと理解していきましょう。

UQ WiMAX:運営の信頼を重視する人におすすめ

 

出典:UQ WiMAX公式サイト

サービス名UQ WiMAX
運営会社UQコミュニケーションズ株式会社
通信速度最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用25,080円(端末代+事務手数料)
使用までの日数最短2~3日

『UQ WiMAX』は、WiMAXのサービスの大元となっているWiMAX事業者です。WiMAXの回線は『UQ WiMAX』の回線を利用しているケースがほとんどで、回線の品質は非常に安定しています。

長年運営してきていることもあり、信頼や実績の面でいえば他の事業者と比較するまでもありません。とにかく信頼できる事業者を利用したいなら『UQ WiMAX』一択といえるでしょう。

通信速度は最大2.7Gbps、データ容量も実質無制限で利用できるため、サービス内容が悪いといったこともありません。サポートを重視するなら、ぜひ契約を検討してみてください。

 

BIGLOBE WiMAX:契約期間を短くしたい人におすすめ

出典:BIGLOBE WiMAX公式サイト

サービス名BIGLOBE WiMAX
運営会社ビッグローブ株式会社
通信速度最大2.7Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用25,212円(端末代+事務手数料)
使用までの日数2日〜1週間

『BIGLOBE WiMAX』は、短い契約期間での契約を検討している方におすすめのWiMAX回線です。最低利用期間は1年間となっており、WiMAXにありがちな2年や3年の期間を利用する必要はありません。

初期費用として端末代+事務手数料が発生しますが、15,000円のキャッシュバックも用意されているため、実質の負担額は軽減できます。

契約から2年間は550円の割引も適用され、月額4,378円(税込)で利用できるのはお得といえるでしょう。

用意されている機器の電池持ちも優秀なため、バッテリーを気にせず利用したい方にもおすすめのWiMAX回線といえます。

 

Vision WiMAX:キャンペーンを重視する人におすすめ

Vision WiMAX公式ロゴ

出典:Vision WiMAX公式サイト

サービス名Vision WiMAX
運営会社株式会社ビジョン
通信速度最大2.2Gbps
データ容量実質無制限
※3日間で15GBの制限あり
初期費用0円
使用までの日数最短即日発送

『Vision WiMAX』では、さまざまなキャンペーンを用意しています。代表的なキャンペーンは以下の3つです。

・端末代金無料キャンペーン
・事務手数料無料キャンペーン
・他社乗り換え時の違約金無料キャンペーン

初期費用や乗り換え時のキャンペーンが充実しているのは、ユーザーとしても大きなメリットとなるでしょう。

また、他のWiMAX回線と比較しても、サービス面で劣っている部分はほぼありません。強いてあげるなら、通信速度が他のWiMAX回線に比べて若干遅くなっているくらいです。

それでも最大2.2Gbpsの速度で利用できるため、普段の利用で困ることは無いでしょう。キャンペーンを重視するのであれば、ぜひ選択肢に入れてみてください。

 

一人暮らしのWiFiに関するよくある質問は?

クエスチョンマークの画像

一人暮らしでWi-Fiを契約するにあたって、以下3つの質問が多く見られました。

それぞれの質問内容について、詳しくみていきましょう。

一人暮らしでスマホだけ持ってるんだけどWi-Fiが必要かわからない

一人暮らしでスマホだけを持っている場合でも、基本的にWi-Fiは用意しておくことをおすすめします。

Wi-Fiがない場合に考えられる弊害は意外にも多く、以下に悩まされるユーザーはかなり多いです。

・端末のアップデートができない
・意図せず通信制限にかかる
・携帯料金が高くなってしまう

Wi-Fiを契約することでスマホ代が下がり、総合的に見て通信費が安くなる効果も期待できます。迷ったらWi-Fiは導入しておきましょう。

一人暮らしのネット料金の平均は?

自宅に導入するネット料金の平均は、大体5,000円前後といわれています。契約する形態によって料金は変動しますが、大体このくらいだと認識しておきましょう。

スマホの利用を前提に考えると、Wi-Fiを導入することでスマホの料金プランを下げられます。普段からデータ通信量が多いのであれば、結果的に同じくらいの料金もしくは安くなる可能性もあるでしょう。

自宅が5g圏内だけど光回線はいらない?

5Gが普及することで光回線は不要と考えられていますが、決してそのようなことはありません。

5Gが利用できたとしても、光回線でなければできないことは多々あります。端末アップデートや大容量データのダウンロード、データのバックアップなど、例を挙げればきりがないです。

5G圏内であったとしても、実際に5Gがうまく利用できず悩んでいる人も多く見ます。不自由なく通信を利用したいなら、光回線+5Gの組み合わせにしておくのが良いでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

一人暮らしだからこそWi-Fiは必須|工事不要のものなら最短翌日使用可能

今回は一人暮らしのWi-Fiについて、導入すべきかどうかとあわせておすすめの回線を紹介してきました。

結論として、一人暮らしだからこそWi-Fiを導入すべきです。通信費は簡単に節約できる項目ですので、導入しないだけ損してしまいます。

Wi-Fiにはさまざまな種類がありますが、工事がいらないものであれば最短翌日から使用可能です。すぐに契約したいのであれば、工事不要のものを申し込みましょう。

この記事で解説してきた内容をもとに、ぜひWi-Fiの導入を進めてください。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る